PFRC ポリプロピレン繊維補強コンクリート

バルチップは、セメントコンクリート用ポリオレフィン系補強繊維です。その性能は曲げタフネスの向上、剥離・剥落防止を目的としています。延伸加工・エンボス加工によりコンクリートへの接着性が増し、その補強コンクリートは高い曲げタフネスを生み出します。

カテゴリー:

説明

ポリプロピレン(バルチップ)繊維補強コンクリートの特徴

  • 耐薬品性に優れ、ポリプロピレン繊維の為、錆びる事が無い
  • 繊維が柔らかいので柔軟性に優れ作業性にも影響がない
  • 1㎡あたり約90Kg程度の軽量効果があります。
  • ひび割れ発生直後に、バルチップJKがひび割れ面を架橋するため、コンクリートの剥落を防止することが可能です。
    また圧縮強度・曲げ強度は、ベースコンクリートと同等です。

 

ポリプロピレン(バルチップ)繊維補強コンクリートの用途

各種用途により、バルチップJK・バルチップMK・バルチップPW.Jr・バルリンクの商品がございます。

  • 橋梁 上・下部コンクリート
  • トンネル覆工コンクリート
  • 法面吹付け
  • 各種構造物の頂版コンクリート
  • プレキャストセグメントなど その他工場製品
  • ボックスカルバート、擁壁
  • 砂防堰堤
  • ◎建築用途 (土間床など)  *鉄筋・溶接金網と併用して使用

当社曲げ試験比較

使用材料
・グラウト材      PRE U-Lox
・ポリプロピレン繊維  バルチップMK 30mm (土木用)
・ポリプロピレン繊維  バルチップJK 48mm (橋梁用)
・スチール繊維     スーパークラックレス 30mm

② 試験条件

・使用モルタル PRE U-Lox or グラウトミックス
・試験規格 JIS A 1106
・供試体の形状及び寸法 100×100×400mm
・試験速度 0.06N/mm2/s
・室内温度 23℃
・養生条件 23℃×7日 水中養生
・使用機器 オートグラフAG-X 100 kN(㈱島津製作所)

③ 試験耐力値

結果は、バルチップJK はスーパークラックレスよりも高い耐力を示した。
なお、バルチップJKは破断後もしばらくしてから変位が上昇するという結果となった。