コンクリート補修事業部

事業部のミッション

 

高速道路や橋、鉄道、ダムなど、長大な構造物の劣化への対応として、ビニロン繊維シートとエポキシ接着剤を用いてコンクリート部分に補修を行い、はく落を防止し、ひび割れを補正するなど、その寿命の延ばす技術が注目を集めています。
この補正技術により、大規模な破壊を伴う建設工事を減らして、インフラの維持・整備に関わる費用を抑えると同時に、産業廃棄物の削減など、工事によって発生する自然環境への負荷を減らす手段として需要が高まっています。


中部シー・アイ・アイでは、エポキシ樹脂・樹脂モルタルの研究開発に定評のあるアルファ工業株式会社の代理店として、東海地区を中心とする広範囲のお客様に、コンクリート補修事業の技術・商品のご提案を行っております。

 

 

土木建築分野別工法

【エポキシグラウト工法】
高い強度と耐久性能に優れるアルファテックのエポキシグラウトを用いた重機械設備や鋼構造物のグラウト工法です。

 

【エポキシ注入工法】
高機能なエポキシ接着剤を用いた重機械装置の基礎や土木・建築のコンクリート構造物のひび割れ注入補修工法です。

 

【アルファV工法】
高機能なビニロン繊維シートとエポキシ接着剤を用いたコンクリートはく落防止工法です。優れた変形追従性と高い耐久性を有する工法です。

 

【ひびわれ浸透接着工法】
浸透接着性能に優れるエポキシ接着剤をコンクリートの表面から塗付してひびわれを補修する工法です。従来工法では補修が難しかった0.2mm以下の微細なひびわれや目視困難なマイクロクラックを補修することができます。

 

【連続繊維シート補強工法】
FRP用高機能エポキシ樹脂を用いた連続繊維補強工法です。無溶剤のため安全に作業をすることが可能で、乾燥面はもとより、湿潤面状態での施工が可能で、施工直後に水中でも十分な接着強度を示します。

 

【コンクリート耐磨耗工法】
耐磨耗性能に優れるエポキシモルタルを用いて土砂や転石による磨耗からコンクリート構造物を保護する工法です。

 

【水中グラウト工法】
水中接着性能に優れるエポキシ樹脂を用いた水中におけるコンクリートと鋼構造物の補修・補強工法です。従来、施工が困難とされていた水中におけるコンクリート構造物のひびわれや欠損部の補修、鋼材による補強などに優れた効果を発揮することができます。

 

 

世界でも認められた品質

コンクリート補修技術は世界でも認められており、2002年には、高さ200m×幅1.2kmという巨大なサンロケダムで、総延長20kmにも及ぶひび割れを、わずか1か月という短工期で補修を行い、世間の耳目を集めました。